スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ありがとう、さようなら。  


もう0時を周り、3月23日になった。今夜から新居での生活が始まる。


周りの人達は異口同音に、「一人暮らしは気楽でいいもの」と言う。
だが、私はまだその気持ちになれないでいる。
一人での生活への不安と緊張、孤独感に耐えなければならない事で頭が一杯で、
楽しめる余裕など持てないでいる。


しかし親の有り難みは、全てではないにしろ、その片鱗を感じる事だけはできたように思う。
引越しが決まってからこの半月程の間、時間を惜しまず、生活に必要な家電をはじめ、道具を買い揃えるのに付き合ってくれ、実家からたくさんの荷物を車に積み込み搬入してくれて、新居の掃除も手伝ってくれた。毎月の給料から実家へ入れていた分の一部のお金まで使いなさいと私にくれた。

他にも不用品やゴミの処理など、ここでは書ききれない程のたくさんの事を手伝ってくれ、与えてくれた。
それらは本来であれば、全て自分で調べ、用意しなければならない事だ。

もし、一人暮らしをスタートさせていなければ、今頃今までのように布団に包まりながら友人達とPSO2を楽しんでいただろう。それもまた、私にとっては限りある大切な時間だ。

だが、この一瞬一瞬も短い時間ではあるけれど、時は止まる事なく進み、私も両親も着実に老いている。いつかは自分自身の力で生きていかなければならないのは言うまでもない。

明日から始まる新しい生活の行く先に、成長した自分の姿がある事を願いながら、この1ページをここで締め括ろうと思う。



今までありがとう、お父さん。お母さん。
これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://unkownblaze.blog.fc2.com/tb.php/8-b4d9e100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。